国立大学法人名古屋工業大学 ダイバーシティ推進センター 平成29~令和4年度 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ

イベントリポート

【開催日:3月21日(月・祝)】工学進路選択支援イベント「工学の扉を開こう」特別企画「女子小中学生のためのプログラミング体験講座」を開催しました。

2022/03/24掲載

  • 2022年3月21日、女子小中学生のためのプログラミング体験講座「AI×Scratchで『絶対に負けないじゃんけんゲームを作ろう!』」をオンライン開催しました。

    小学5年生から中学3年生までの11名の参加者が、株式会社プロキッズの指導のもと、じゃんけんゲームの制作に挑戦しました。
    3時間のイベントは、3部構成で行われました。第1部では、Scratchを使って普通のじゃんけんゲームを作り、第2部では、AIについて学んだ後、実際に参加者が自分のじゃんけんの手をAIに学習させる体験を行いました。第3部では、自分がAIに学習させたモデルを、第一部で作ったじゃんけんゲームに組み込むミッションに挑みました。

  • 子どもたちは、「グーとパーは認識するけど、チョキの認識が甘いかな」、「どうしたら、キャラクターが絶対に勝てるようになるのかな」と考察しながら、ゲーム制作を進めていきました。

    プログラミング未経験の子も多くいましたが、大学生がサポートに入り、ほぼ全員が、自分の選んだキャラクターが「絶対に勝つ」じゃんけんゲームを完成させることができました。

  • また、第2部、第3部の冒頭では、アイスブレイクとして、大学生サポーターが自身の子どもの頃の興味と進路選択について紹介しました。他大学で数学を専攻する女子学生は、数学を好きになったきかっけを話し、本学で情報工学を専攻する女子学生は、数学や理科よりも音楽が大好きで、その興味を生かせる進路として情報工学を選んだことを子どもたちに話しました。

    イベント終了後の子どもたちへのアンケ―トでは、参加者全員が「またプログラミングをやってみたい」と回答し、参加した子どもたちの満足度の高さが示されました。